政策金利と経済指標

通貨を銘柄に指定したバイナリーオプションでは、外国為替市場の為替相場の変動を予測していくことが、利益を得ていくためのカギとなります。

外国為替市場での為替相場は、様々な要素によってレート変動を繰り返しており、この予測を行うことは非常にむずかしく、的中させ続けることは不可能であるといわれているのですが、様々な傾向や条件などによって変動をある程度予測していくことは可能であるために、様々な分析の手法が考案されています。

このように予測を的中させることが大変難しい為替相場ですが、その変動の仕組みは極めてシンプルで、その国が発行している通貨に人気があるのか、人気がないのかによって価値の上下が決まり、それに伴って通貨の価格が高くなるのか、それとも低くなるのかがあるだけになります。
通貨に人気が集まり、その通貨をみんながほしいと思えば、その通貨の価値が上がり価格が上がることになります。
逆に、通貨に人気が無くなれば、その通貨をみんながいらないと考え、通貨の価値が下がり、価格も下がることになるのです。

こうした通貨の人気を決めるのは、その通貨に利益があるのか、通貨を発行する国が安定していて好条件があるのか、という事になります。

通貨に価値があるのかどうかは、その通貨に与えられる政策金利で決まり、通貨を発行する国や地域は、この政策金利を調整することによって、通貨の流通量を制御して経済の動きをコントロールしているのです。

この政策金利の決定により、通貨の金利が高くなれば、その通貨を保持することによって高い金利の利益を得ることができるために、通貨の人気がでて価格が上がります。
逆に、政策金利が低くなれば、その通貨を保持していても得られる利益が少ないために、通貨の人気が下がって価格も下がることになります。
もちろん、こうした要素は基本的なものになり、実際にはこれほど単純には進まないのですが、おおよそこうした傾向になります。

この金利の見直しは定期的に行われ、政策金利の発表の前後は為替相場が活発になり、特に金利の数値が変更されるような要素が多い場合く、据え置きではない発表がされるのではないかという状況では、特に大きな変動を見せることもあります。

外国為替市場で取引きされている通貨で一番の流通用と取引量を持っている通貨は、アメリカの米ドルになりますので、アメリカの政策金利決定会合が行われた後の発表では、為替相場の大きな変動が起こることもあります。

また、これと同じように各国から発表される経済指標も為替相場の変動を大きく促す要因となります。
経済指標とは、その国の国内の経済状況を数値などにまとめて発表するもので、これを確認することで、その国の経済的な成長や停滞、衰退などが一目瞭然にわかるために、通貨の人気にも大いに反映されます。
この経済指標においても、アメリカの影響力は大きく、世界の通貨の価値の基準となっている基軸通貨である米ドルの動向は、世界中の投資家なども注目するために、アメリカの経済指標の発表の前後は、為替相場の動きは特に強くなります。

政策金利の発表も、経済指標の発表もアメリカ時間の日中、つまり日本時間の夜に発表される形になっていますので、こうした重要な発表についてはスケジュールなどを確認して抑えておくことが肝心になります。

また、これらの発表の内容が、為替市場の予測通りの場合にはそれほど市場が慌てることはありませんが、予測とは外れた発表内容だった場合には、相場が乱れて激しく乱高下することもありますので、もし取引きの初心者であるならば、こうした相場での取引きは控えておくことをお勧めします。