様々な外貨投資商品と異なるFXとは

sdsdf888weklr 外国為替=Foreign Exchange、通称FXと呼ばれているこの取引は、外貨投資商品(外国為替証拠金取引)として扱われています。この外貨投資商品にカテゴライズされているものには、例えば外貨預金や外貨MMF、外貨建て債券といったものがあります。しかしFXはこれらの商品とは性質がまったく違い、一線を画している部分があります。

外貨預金や外貨MMF、また外貨建て債券などは、あくまでも外貨建てとなっていますから、まずは円を売り外貨を手に入れるところから始めなくてはなりません。その上で投資を行うという形が主流です。

一方FXでは通貨自体を売り買いするというスタイルですから、預金や債券とは性質が異なるのです。米ドルを売り、ユーロを買うというような形で、自分が売り買いを行いたい2種類の通貨を選び取引を行うのがFXという投資の最大の特徴です。

円高で不利益になりがちな外貨建て、FXの場合は?ではここで外貨預金を例に挙げて、具体的に考えてみましょう。

1万ドルの外貨預金を作りたいという場合には、まずは1万ドルの外貨を購入するところから始めます。1ドルが90円と換算するのなら90円×1万、合計で90万円が1万ドル相当になりますから、まずはこの資金を外貨預金として預ける為に用意しなくてはなりません。外貨預金に限らず、外貨MMFなどの外貨建て金融商品については、このように外貨を用意するという事からスタートすることになります。ですから円高傾向にある場合で外貨建ての金融商品取引をする際には、為替差損が出てしまうので取引上不利になりがちです。

しかしFXではFXを取り扱う業者に担保としての「証拠金」を預けておけばどんな通貨を買うことも可能、もちろん円を売ることもできます。円高傾向にある場合の取引ならば、逆に円を売って為替の差損を利益に変えることもできるのです。

また、この証拠金は取引する外貨の5%程度の金額ですから、外貨預金の1万ドル分をFXで取引する場合、90万円の5%、約4万5千円のみです。
小さな投資資金でも取引ができる自由度の高さや、為替手数料などいろいろとかさむコストが安いと言う点、好きな時にいつでも取引が行えるなど、多くのメリットがFXの人気を高めている理由なのです。