FXの様々な利点

 FXは、世界中の国や地域から発行される通貨を、2種類一組の通貨ペアという銘柄にし、これを交互に売買していきながら、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して、利益や損失を求めていく投資取引になります。

このFXは、同じように相場を利用した株取引や先物取引などとはだいぶ違い、少ない資金で始めることができたり、24時間いつでも取引きが行えたりするために、これまでタイミングの面や資金の面にハードルがあり、なかなか投資取引をすることができなかった初心者の投資家に大きく門戸を開いたことで、いま人気と注目を集めている金融商品なのです。

FXでの取引きにおいて、最も大きな特徴の一つは、レバレッジというものの存在になるのではないでしょうか。
このレバレッジという仕組みのおかげで、日々の相場変動の小さな為替市場においても、充分な利益が上げられますし、また、少ない投資資金であっても、投資を行うに足りる大きな利益を求めることができるのです。

FXでは、取引きを行う前にFXを扱っている取引業者に、投資で得た利益を払い出したり、投資を行う資金を預けておくために利用する、取引口座というものを開設します。
実際の取引きは、投資家の銀行の口座などではなく、この取引口座に資金を預けてそこから投資を行っていくのですが、この取引口座に預けている資金を担保のようにして使い、投資した資金で扱える通貨よりも、より大量の通貨を扱えるようにする仕組みがレバレッジになります。
日本の取引業者では国内規制により投資金の25倍まで、海外の取引業者ではこうした規制がないために、数百倍から時には1000倍を超えるようなレバレッジを設定できる取引業者も存在しています。

レバレッジを使うと、例えば一日で平均で1円足らずの変動しかしない日本の円とアメリカの米ドルの相場でも充分な利益を見込むことができ、1ドル100円の相場で、100万円の投資をして1万ドルを買えば、1ドル101円になったときに1万円の利益を得ることができますが、100万円の投資金などそうそう出せませんし、その割には1万円の利益という、あまり利の良い投資とは言えません。

しかし、これを国内最大の25倍のレバレッジを使えば、同じ取引きが4万円で行えることになり、少ない資金でも始められる上に、1日1円のほどの値動きでも充分な利益が見込めることになるのです。

FXでは、このレバレッジの仕組みにより少ない資金でも取引が行えるのです。

また、通貨を取り扱っている外国為替市場は、世界中に点在している為替市場が、インターネットなどによって互いを連携させ、電子網状に作り出した巨大仮想市場となっており、これにより、日本時間では月曜日の早朝にニュージーランドのウェリントン市場が開場するのをきっかけに、常にどこかの市場がリレーしたり並走するようにして開き続け、最終的には、土曜日の早朝にアメリカのニューヨーク市場が閉場するまでの間、24時間いつでも取引きがおこなえるのです。

もちろん、この間は常に世界中の銀行や企業、個人投資家などが通貨の売買を行っているため、外国為替市場の為替相場は秒単位で常に変動し続けているため、例えば定職についているのであれば、仕事が終わって家に帰ってきてからなどでも、充分に取引きを行うことができます。

この、外国為替市場という巨大な市場を投資取引に利用しているという点にも大きなポイントがあり、例えば株の市場などとは比べ物にならない取引量と流通量を誇っているために、相場の動きが非常に安定しており投資取引のリスクを下げてくれています。
市場規模の小さな株取引では、相場操作の目的で投機的な株の売買が行われることなどがあり、非常にリスクが高くなっていますが、世界中で常に取引きが行われている為替市場では、そうしたことが行えないために、リスクの低い取引きを試みることが可能になっています。
このほかにも、異なる二つの通貨を互いに売買することができるという特性上から、「通貨を高く買って、安く売ることで利益を出す」という方法と、「通貨を高く売って、安く買い戻すことで利益を出す」という二つの方向かの投資の方法が存在するため、為替相場のレート変動が上昇方向にあっても、下降方向にあっても、そのどちらの状態カラでも利益を求めることができ、不況に対しても強い投資取引であることが知られています。

このように、様々に利点の多いFXですが、相場を利用した投資取引きであること、また、24時間常に相場が動いていることなどから、為替相場の変動のリスクにさらされやすいというデメリットも持ち合わせています。

例えば、通貨を保持して就寝し、朝起きて確認したら大きな損失を出していた、という事も実際に起こっていることなのです。
こうしたことから、FXにおいてはこのような取引の特性を充分に理解し、無理のない投資を行っていく必要があるのです。