投資のメリットと気をつけたい点

sdfuuoweklr 投資とは自分の資金をこれから伸びるであろうと考える企業の株式や社債を購入することにより、その会社を応援していくもので、投資した事によりその会社から式の配当金や株主優待券の配布を受けたり、株価高騰により株の売却で利益を得る金融資産の運用の一つになっています。

もちろん、配当金は無い年もあります。株主優待券も無い企業もあります。株価も購入時より下落して損失を被る事もあります。投資とはリスクが伴うものです。しかし、現在の預金金利を考えますと、ほとんど無いに等しい状態です。私たちは、自分の資産を効率的に運用しながら自分の将来に向けて資産準備をする必要があります。

そこで、最近は投資信託という、プロにその運用を任せて投資した資金を増やしてもらう考えの商品も多数販売されています。投資に不安や疑問を持っている方は、小額の投資信託から投資を始めてみても良いと思います。

投資は、世の中の状態を反映する世界で、政治や経済に縁の無かった人でも、知らず知らず興味を持ち自分の生活の中で重要な部分になっていくと思います。日本はお金のことを言うといやらしいという風土がありいまだに残っているのです。

お金は人生にとって大切なものです。そのお金を大切に運用することがどうしていけないのでしょうか。そしていやらしいのでしょうか?子供のころから人生に必要なお金を大切にし運用することをしっかり教えていく事が、政治や経済に興味を持ち選挙にも率先して参加する人間を育てるのです。

投資は大切なお金を運用していくためにとても重要なものです。自分の興味のある企業の経営状態を見たり、新聞で最新ニュースを見て是非この企業に投資してみたい、この企業の運営に参加したいという気持ちが自分の資産を投資するきっかけになると思います。

株式を購入したり、社債を購入したりして企業に自分の資産を預けてみることも楽しい経験になります。もちろん損はしたくありませんが、長い目でその企業を応援していく気持ちで投資をすると、配当金の分配で思いがけないお小遣いが入ってきたり、株主優待券でお米が届いたり小さな喜びを感じることができます。株価が高くなれば売却して利益を得ることも出来ます。

政治や経済政策に翻弄される株式市場や債権市場ですが、それも生き物ですから、自分でよく考え時にはプロの意見も聞き、納得の上で投資を始めることをお勧めします。国からに年金だけを将来の資金と考えず、自分で自分の資産を運用し大きくしていくことも楽しい時間になると思います。